Audison Prima AP8.9 bit

1_20150305113855d84.jpg

カーオーディオシステムアップ施工が完了しましたエディックス

デットニング施工、スピーカー交換施工からおおよそ1年。
音質の変化を楽しみにされていらっしゃるオーナー様  (^-^)

ご期待にお応えする Audison Prima AP8.9 bit

2_20150305113857c15.jpg

シート下へインストール

3_201503051138580ca.jpg
製品に付属するPCソフトウェアを使用*下記参照


4_20150305113900f86.jpg


Audison Prima AP8.9 bit  詳細は㈱アルファ社HPをご覧下さい。

prima_img08.jpg

Primaシリーズのアンプは、コンパクトなサイズと洗練されたデザインが印象的ですが、新しい時代を切り開くAudison初のプロセッサ内蔵アンプでもあります。

驚異的なパワーを誇るDSPがOEMシステムの統合に威力を発揮し、Primaアンプはbit Driveテクノロジーと融合します。

アンプには8種類のプリセットがあり、 車両に合わせて異なるシステム設定を選ぶことができます。
プリセットはロータリー・ダイヤルで選択できるため、設定にかかる時間が節約でき、 無用なシステム・エラーを回避することになります。


*製品に付属するPCソフトウェアを使用すれば、指先ひとつで全てのDSPパラメータをコントロールし、ご自分のオリジナルのプリセットをつくることもできます。 また、専用サイトであるbit Drive Portalにアクセスすると、さらに多くのプリセットをダウンロードしたり、コミュニティに参加している他のユーザーと ファイルをシェアしたりすることが可能になります。



prima_img07.jpg


内蔵DSPの機能はbit Tenやbit Oneのものと似ていますが、イコライザーには新しい機能が加わっています。

従来の31バンド・グラフィック・イコライザーではなく、 AP bitイコライザーには10バンドのパラメトリック・イコライザーが実装されており、PCソフトからターゲット・カーブをドローすることができます。


DSPのリソースを節約することにもなり、グライコ使用時に起こる位相の変化を減らす効果もあります。


R&Dは従来からのAudisonのパワーとクオリティを手のひらサイズのコンパクトなアンプに凝縮することに成功しました。

最先端のエレクトロニクス・コンポーネントの他、 カーオーディオでは始めて採用される特別な電源を使い、サイズの削減を実現することができました。その結果、高い出力を誇るとともに非常に効率的な廃熱による安定した 温度管理をも手に入れることになりました。

オーナー様、ご依頼下さり有難う御座います。
新たな音響をお楽しみ下さいませ。   (*^_^*)





スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog Template Designed by しらか

FC2Ad


Copyright © FORTIS -custom and security- フォルティス All Rights Reserved.