ドライブレコーダー/Driveman

本日はドライブレコーダー Drivemanドライブマン製品をご案内します。

ドライブマンドライブレコーダーは、警視庁や全国各警察、日本赤十字などにも正式に採用され、確かな信頼と品質を確立された商品です。


ドライブマン最新モデル GP-1Fをご紹介

pro_photo_06.jpg


最大2Kの高解像度で全国LED信号対応。
時間延長も出来る駐車監視機能(セキュリティモード※特許取得済み)。
ショックセンサー内蔵。
GPSアンテナ搭載。※GPSにはその仕様上誤差がございます。
バッテリーマネジメント機能を持った新設計の日本製電源ケーブル(電圧監視)。

ドライブマンシリーズの全ての機能を盛り込んだドライブレコーダーGP-1
2016年最新モデル

・1296x2304の2K高画質となめらか45fpsのフルハイビジョン、長く撮影できるハイビジョン。

・多彩な解像度を採用。目的に合わせて選べます。

・走行中も液晶画面に撮影映像の常時表示が可能。

・アンバレラ製高速チップA7採用で夜に強い高画質。
※ナンバーの読み取りは明るさや速度、距離など撮影環境に左右されます。

・全国LED信号の同期消失現象に対策済み。

・倒立撮影可能。逆さまに撮影出来ますので、本体を逆さまに設置した場合に便利です。通常・セキュリティいずれも倒立します。
エンジンオフで3時間コマ撮り撮影のセキュリティモード搭載。 (特許の駐車監視機能)

・さらにカスタム設定で駐車撮影時間やコマ数の変更も可能。

「セキュリティの起動について」
・マニュアル設定はエンジンオフ後いったん電源が落ちます。必要に応じて手動で電源ボタンを押せば3時間1秒1コマ撮りの駐車監視を開始します。

・オート設定はエンジンオフで自動で3時間1秒1コマ撮りの駐車監視を開始します。

・カスタム設定はエンジンオフで自動で予め設定した内容の駐車監視を開始します。

・付属の電圧監視型電源は駐車録画開始15分後から監視を始め、バッテリーが約11.8Vより低下すると自動的に電源を切断しますので、録画の電力消費が原因のバッテリー上がりを防止します。

※12V車の場合。24V車は23.6V
※半ドアやルームランプの消灯忘れなど他のミスが原因のバッテリー上がりまでは保護出来ません。
※走行時は電圧変動が大きいので監視しておりません。

・衝撃で映像を保護するショックセンサー内蔵。
・ 強さ:感度「強」 1>>>10 感度「低」   
・撮影映像はHDMI経由でTVでも見る事が出来ます。

※セットによってはミニHDMIケーブルやACアダプタは付属しませんので、必要に応じて別途お求め下さい。
SDHCに記録。SDHCは8GB~32GB、SDXCは64GBまで対応。
SDが無いと電源が落ちますので、SDを入れてエンジンを掛け直して下さい。


★☆★ GP-1F(フルセット)  本体価格 ¥29800(税別) *工賃別

GP1本体、可変ブラケット、駐車監視用電圧監視型電源ケーブル(DCDC4)、ACアダプタ+専用ケーブル、ミニHDMIケーブル、8GBSDカード

★☆★ GP-1STD(スタンダードセット)  本体価格 ¥27600(税別) *工賃別
GP1本体、可変ブラケット、駐車監視用電圧監視型電源ケーブル(DCDC4)、8GBSDカード


無題
画像クリック<<<拡大


ドライブマンGP-1詳細はこちらからご確認下さい。

ドライブマンドライブレコーダー公式HP http://www.driveman.jp/products/gp1.html









スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog Template Designed by しらか

FC2Ad


Copyright © FORTIS -custom and security- フォルティス All Rights Reserved.