FC2ブログ

4chデジタルパワーアンプ/ MRV-F300

カーオーディオのシステムアップのご依頼です。

今年に入りご依頼を賜りスピーカー交換施工し(内蔵アンプにて)サウンドをお楽しみ頂いておりました。

そして少しずつ音響(カーオーディオ)に対する思いが広がり、外付けアンプをご検討頂くように。

いくつかのアンプが候補にあがりオーナー様がお選び頂きましたアンプ MRV-F300に決定

アンプの役割。。。スピーカーを駆動する為に十分な電圧まで増幅させるのがアンプの役割

「音」出力はナビやデッキなどの内蔵アンプで信号を増幅しています
音声信号を増幅させデッキやナビの再生部から出力される信号は、数百ミリボルト程度の微弱な信号。
ナビなどにはたくさんの役割があるのでアンプ(内蔵)としての役割には限界が。 
音量を大きくするとアンプの容量が足りず音が潰れてしまったり、出力があまり大きくないため迫力不足と感じる人も多いようです


外部アンプ= 信号の増幅の為だけの専用の機器
よって、内蔵アンプでは増幅しきれない部分を外部アンプを装着する事で最大限に増幅し効果を発揮してくれます。

外部アンプがあるサウンド・外部アンプがないサウンドでは音質の変化を感じる事ができます。

オーナー様もサウンド音質の違いに驚いておりました。

今回のようにスピーカー交換されている車両であれば、外部アンプを付ける効果は大!


アルパイン  MRV-F300   4chデジタルパワーアンプをシート下にインストール

006_20190210154448d7a.jpg


4chデジタルパワーアンプ 圧倒的な高音質を実現するデジタルパワーアンプ。
BTL接続 150W×2(4Ω) Class D digital platform 高効率出力(動作温度の低下に寄与) 8AWG対応インサート・スピーカーターミナル採用 ダイレクトスピーカーインプット



1 (1)



●BTL接続 150W×2(4Ω)
●Class D digital platform 高効率出力(動作温度の低下に寄与)
●8AWG対応インサート・スピーカーターミナル採用
●ダイレクトスピーカーインプット


1 (2)


1 (3)

★★★  歪みの少ないクリアなサウンド再生  ★★★

入力信号を忠実に再現するクリアサウンドのデジタルアンプ。
高ダンピングファクター採用により、高い追従性を実現。さらに、0.03%以下のTHD(歪み率)とS/N比向上の実現により、歪みの少ないクリアサウンドを再生。
キレのあるアタック音でさえも正確に表現できるようになりました。

★★★  多様な取付け性とシステム接続を両立したコンパクト設計  ★★★

デジタルアンプならではのコンパクトサイズにより、設置場所に困りません。
また、端子類を隠すターミナルカバーを採用しているので、スマートな取付けが可能です。
電源部には「インサートターミナル」を採用して、しっかりとした取付けとハイクラス感を演出しています。




スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog Template Designed by しらか

Copyright © FORTIS -custom and security- フォルティス All Rights Reserved.